2013年10月29日火曜日

雑誌レビューから見るリキャプチャー

という訳で確保出来たのは3点だけですが、雑誌レビューにて取り上げられたリキャプチャーの評価を纏めてみたいと思います。

まずはOh!FM 84年6月号からです。一番頭にて紹介されています。次が日本テレネットの銀河を救え。トリッキーとかと同時期でしょうか。


大きい写真では筆者が悩みに悩んだあのスパイ登場写真とその2個コマンド前が載ってます。一番上のNで「3ガイノ ローカ(PASSAGE)ヨ。」と表示されているという事は、消去法で辿っていくと企画室から出てきた事になります。つまり盗聴してから企画室で"何か"をすればスパイが出るという事ですね。

「某コンピュータのTIME ZONE」という本家を引き合いに出していますが、あれだけの大作とリキャプチャーが比べられている時点でかなりの物ではないでしょうか。某AppleIIでかなりアドベンチャーを遊び込んだと思われる方が「全体としてはオモシロかったですヨ。」と評しているのは良い点だと思います。

「本家」と言いますのはTIME ZONEやミステリーハウスなどのシエラ社製ハイレゾアドベンチャーシリーズを指します。ハイレゾアドベンチャーシリーズは#1など通し番号を持っており、これをハミングバードはオマージュで使っているのです。そんなハミングバードの初期ADVは以下で全てだと思います。

Humming Bird Adventure #1 ザ・パームス
Humming Bird Adventure #2 ザ・ナイト・オブ・ワンダーランド
Humming Bird Adventure #3 ABYSS
Humming Bird BE-TSUventure #1 リキャプチャー <奪還>
Humming Bird Adventure #0 地獄の練習問題 天使たちの共通一次
Humming Bird Adventure #4 ABYSSII 帝王の涙

地獄の練習問題がHumming Bird Adventure #0となっていますが、これはシエラ社がミッションアステロイドで3作目なのに#0と振った事から来ています。

「マニュアルとかヒントコミックが、ちょっとやりすぎ」と書いてあるのでログインとOh!FM編集部にはソフトとヒントブックを一緒に送っている可能性が高いですね。「おもっしょいっ!おもしろいなあ、このゲーム。」「アドベンチャーゲームではベストの部類に入れてもいいと思うよ。」と杉田正夫氏が絶賛してます。


噂のヒントブックですがゲーム中に実は宣伝してました。「”リカプチャー ヒントブック” コウヒョウハツバイチューデエス。(中略)カッテ ソンナイワヨ! イマスグ モヨリノ ソフトショップヘ。ホンヤサンニハ ウッテナイデス。」実際出回っている数がどの位なのかが本当に気になります。

続いて月刊ログイン84年7月号のご紹介。


パッケージとマニュアルを褒めてゲーム内容は「パッケージやマニュアルを見て感じたワクワク度がかなりスポイルされているのだ。」と一蹴。リキャプチャーは初めてシナリオとプログラム、グラフィックとマニュアルの分業方式をしたら失敗した作品とも取れる内容の〆だった。

パッケージ裏のシールの存在とハミングバードソフトの出荷数推移グラフ、アドベンチャーブームの分析の紹介があり、最後2つはログインならではの作りではないかと思います。また確かこの号だったと思うのですが日本ファルコムが「オカルティックアドベンチャーメーカー」として取材を受けており、その時のファルコム店内の天井にリキャプチャーが吊ってあったりします。

そして最後に遊撃手の紹介です。


レビュワーは光栄のダンジョンを「疲れるだけで夢のないゲーム」と切り捨てた町田幸夫氏。同じ号ではファルコムのデーモンズリングを「高い技術力を発揮しているのに、内容がともなってないのだ。」と切り捨てています。

リキャプチャーの方は2P紹介され、「制限時間システムはインフォコムのデッドラインの真似と言えば真似」「受け付ける単語をかなり広くカバーしている」「国産アドベンチャーにある不条理な謎解きは今のところ無い」などと評されています。最後には「今年出たアドベンチャーの中ではかなりいい出来の部類に入ると僕は思うのだが。」とかなり良い感じで文章を〆ていて、なかなかの評価を得ています。

といった感じでざっとレビューを紹介してみました。まだリキャプチャーに関する情報がありましたら適当に追加します。

2013年10月26日土曜日

FM-77


ヤフオクで買ったデジタル9pinからアナログRGB21pinに変更するケーブルをちょっと加工したらフレームマイスターで綺麗に映りました。とりあえず12V入れましょう。

とりあえず本体をエアダスターで清掃したので次は5インチドライブを付けたいと思います。

2013年10月19日土曜日

XRGB-mini(フレームマイスター)買いました

先日のCEATECに行きまして、そこの電波新聞社/マイコンソフトブースでXRGB-mini(FRAMEMEISTER)を買いました。

SEATECのレポートはここに上手く纏まってますので、こちらを見て下さい。
http://dkmm.blog12.fc2.com/blog-entry-160.html

で、今回は何でも入ると噂のフレームマイスターを使って家の基板+アルファを映してみました。メジャーなタイトルは色々な方が試されていると思うのでちょっと外れ気味な基板が中心です。


ザ・高校野球(アルファ電子)
手持ちのエクイテス+派生系ボードは全て行けました。


メタルクラッシュ(データイースト)
ゲットスターと並ぶロボットパンチ系アクションの名作ですね。


グレートソードマン(タイトー/セタ)
これが綺麗に映って配信出来るのは非常に嬉しいです。地味ながら割と良く出来てる名作。


バンクパニック(セガ/サンリツ)
ハーネスがアッポー/ロボレス2001と同じなのでそちらも映ると思います。


青春スキャンダル(セガ/コアランド)
セガシステムIです。手元のは海外版"My Hero"。


ドラゴンスピリット(ナムコ)
超メジャーな作品ですが、ご希望があった為キャプチャしてみました。綺麗ですね。


球界道中記(ナムコ)
こちらはシステムIIですが綺麗に映ります。球界道中記ステレオで遊ぶと凄い良い感じです。


基板以外にもスーパーファミコン+RGBケーブルも綺麗に映りました。野球ゲーム3連発。


そしてMSX2+(HB-F1XV)+RGBケーブルも問題無く動作。


という訳でひとまず今の所全て映ってます。筐体派でなかったら押さえておくとかなりゲームライフが捗る一品です。

2013年10月15日火曜日

広告から見るリキャプチャー

攻略は一段落しましたのでリキャプチャーの広告と、可能な限りレビューを纏めたいと思います。

リキャプチャー発売時期(84年6月頃)周辺のOh!FMを調べたら3点程出てきたのでご紹介。



こちらはOh!FM 1984年4月号に掲載されていた広告です。

「普通のアドベンチャーゲームはもういらないよ」という人に、新発売。」「Humming Bird "BE-TSUventure" Seriesは、ハミングバード・アドベンチャーゲーム・シリーズのアナザーフェイス。普通のアドベンチャーゲームのワクにとらわれない自由な発想で、楽しい作品をリリースしてゆく予定です。ご期待下さい。」などと魅惑的な単語が踊ります。別ベンチャーシリーズ第二弾は出ませんでした。

第二弾は"The <Night> of WonderLand"だったらしいんですがどうなったんでしょう。あの不朽の名作ザ・ナイト・オブ・ワンダーランドのパロディだったんですかねえ。



そんな事よりABYSSのヒントブックが別売り700円で販売されている事が驚きです。誰か持っている方はいるのでしょうか。右にはハミングバードショップの案内があり、Appleソフトを開発スタッフが売ってたそうです。良い時代ですね。



こちらは発売月、1984年6月号のOh!FMに掲載されていた広告です。左のナッツアンドミルクはまあオマケとして。リキャプチャー単品というよりはハミングバードアドベンチャー全体の広告ですね。「天よ、力を。不思議の国の一大事。」ってキャッチコピーがステキ。

そして最後、1984年12月号のOh!FMにある比較広告。右のT&Eソフト広告もオマケです。



RUNRUNの右でハンダとコテ、盗聴器を売ってた姉ちゃんVSマリリン・モンローという謎の構図。「ジョークいっぱいで、大人のフンイキ。このセンス、あんたなんかにわからない。楽しいコミックマニュアル付よ。」と営業トークを頑張ってます。無思想・無節操なハチャメチャゲームと言われればそうかもしれませんが、地獄の練習問題はどうなんだって気がします。

そういえばスターアーサー伝説の完結編、テラ4001はFM-7/77とPC-6001mkII/6601だけなんですね。チャレアベかどこかで山下章先生が言ってましたが88のFD版位出してくれればとも思っちゃいます。

次はリキャプチャー雑誌レビューの纏めか、毎月分の遊撃手紹介でもやります。いつになるかは解りませんがその内やります。その内。

2013年10月10日木曜日

雑誌の遊撃手買いました


ちょっと前になりますがヤフオクで遊撃手全セットを買いました。「全」と言っても9冊だったので何だかんだで少ない方だと思います。アソコンよりも数出てないですね。

マイコンゲームのリトルマガジンのリトルは本のサイズか寿命かとか色々考えちゃいますが、かなり良い雑誌だと思います。一貫してapple][でWizやウルティマ、ロードランナーに各種ADVを遊んだライターが文章を書いているので国産ゲームがやたらとボロクソに書かれているのが特徴的です。

遊撃手と言えばダンジョン、ダンジョン(PC-8001)と言えば遊撃手…とまで言われているダンジョン事件は84年8月号に載ってます。


町田幸夫氏がマップや敵キャラ、装備のリストまで書いておいて、その感想を「疲れるだけのゲーム」と書き記した次のページにこれが掲載されています。言ってる事が二転三転したり煽ってるんだか協力を求めてるんだか解らない3ページでしたが、お時間がある時に読むと良い感じかもしれません。

ライバル視してたログインではかなり悪く書かれていたハミングバードのリキャプチャーを町田氏がかなり褒めていたのが個人的には印象的です。


どうでもいいですが、この方と私は誕生日と血液型が一緒でした。ビックリ。

2013年10月5日土曜日

ファイル奪還への道 完結編

詳しい方からヒントを頂きましたので1歩どころか、気持ち的にはホップステップジャンプ並に進みました。ささやき、えいしょう、いのり、ねんじろとホップステップジャンプって語感が似てると思ったら似てない。


この「ハヤク ドコカヘ!」が鍵だったのです。ここでは同じフロアのある部屋に入って隠れると、あの憎きソームカが空っぽになります。


引き出しを開けると、まさか、あのまさか本当にあるとは思いもしなかった糊が出てきます。


こいつをちょちょいと拝借し、あのPROOFがちゃんとしたPROOFになります。写真はカラーで撮りました。

これを使って悠々とMOSQUITO社を脱出したので、バスに乗り込んでTOKUBEからタクシーでFLY薬品と思ったら飲み屋のママにお金を取られました。12500円もです。


スナックAYAに12500円もツケがあるってお前どうなんだってか、このままだとFLY薬品までタクシーに乗れません。リキャプチャーを振り返ると、「脱出して後はワクワクゴールロードだ」って時に詰みやすいゲームじゃないかと思います。僕の解き方が悪かったのもありますが、ハミングバードの思惑通りだったんでしょう。

しょうがないから地下鉄でOHATSUまで来たら何とファイルがスラれてる!! ウヒャーッ。 ファ ファイルガ ナイ! イマノ レッシャデ スラレタンダ。 アアッ モー ゼツボーテキ。 アワワワ、ワ。


とここまで考えて一つのキラリと光る名案が頭を過ぎりました。そうだ、あの5000円があったじゃないか!まさかこんな時に役に立つとは思いもしなかった!

その後お説教とかもありましたが、無事にAYAのママからの取り立ても耐え、FLY薬品まで帰ってきました。課長に FILE を渡したら感動のエンディングです。




という訳で記者会見も無事に終わり、明るい家族計画 KONDOH-MUYO のお陰でFLY社の未来も明るくなりました。(最後の画像はとある方の希望により隠させて頂きました。)


ドーモ オツカレサマデシタ !!
これにてリキャプチャー<奪還>の攻略日記は終了です。また何か別の作品をやるかもしれませんので、その時にはその時で。

2013年10月4日金曜日

大躍進

どうにも詰ってたリキャプチャー、ついに1歩進んだのでご報告をば。


この情報を盗聴した後、企画室に行き偽FILEを渡したら「ウヒヒ」というセリフを言ってきました。あれがMOSQUITO社の社長でしょうか。

そしてそのまま下へ降りると、いました!こいつがあのスパイ!


あのHONTO-FILEって名前もどうかと思いますが、サクッとスパイを眠らせて本当のFILEを入手。
そのまま変装して受付に行ったら持ち物検査に引っかかってゲームオーバー。まあ変装してもFILEを持ってたらバレるわな。


どうもCAPを被った状態だと持ち物検査に引っかかり、被っていないとPROOFを見せろと言ってきます。PROOFに写真を貼り付ければいいと思うんですが、そのコマンドがどうにも解りません。STICKとか試したけど考えてみれば、身分証に写真を貼るには糊とかいるなあ。そんなの見た事無いけど。