2013年12月28日土曜日

ABYSS(FM-8/7版)


FM-8/7版のABYSS(ハミングバードアドベンチャー#3)を入手しました。
箱がかなり潰れていますがあまり出てくるゲームで無いのでまあしょうがないかなと思います。
ハミングバードのADVは順番に#3のABYSS、#4の帝王の涙、別ベンチャー#1のリキャプチャーを押さえたので残り半分。地獄の練習問題はともかくザ・パームスとザ・ナイト・オブ・ワンダーランドは出てくるのかどうかすら怪しくなってきました。


この宇宙船が青色で書かれ、Humming Bird Adventure #3表記があるこれこそが本来のABYSSです。その後出たtapeABYSSやtape準拠版のPC-8801版はこの色が黄色になってますね。


そしてFM版モズ・シバットのお姿はこちらです。tape版ではにっこり笑ってますがこのいかにもラインペイント文で書いたグラフィックが堪りません。

ついでにABYSS繋がりですとIIの帝王の涙にゲームブックが存在した事が判明したのでAmazonで注文してみました。
http://www.amazon.co.jp/帝王の涙-アドベンチャーノベルス-真田-伸幸/dp/4880631981/ref=la_B004L3VYWK_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1388240657&sr=1-1


神秘の宝石か、伝説の最終兵器か?「帝王の涙」と呼ばれる財宝をめぐって宇宙狭しと展開される争奪戦。宇宙マフィアの首領グリンブに巧妙な罠を仕掛けられたモズ・シバットは、「帝王の涙」を求め、遥かな旅に出発した。謎の美女、偏屈な探険家、超能力の老人等々。得体の知れない人物たちとの奇妙な道行き。モズの行手には、奇想天外な冒険が待ち受けていた。人気パソコンゲームをノベライズ!

と書いてありますが謎の美女(アンドロイド娘?)、偏屈な冒険家(死んだABNAB?)、超能力の老人など多分原作関係ないと思います。届いたらこの辺も併せてレポート出来ればと。

2013年12月1日日曜日

転がる雷


11月の一枚はナムコのシステム86基板です。


と言う訳で遂にローリングサンダーNEWバージョンを買う事が出来ました。NEWなのでタイトル画面も以前に比べ見応えのある内容に。

以前基板をお借りしたらパターン構築の熱さとルパンの様に格好良いアルバトロス、そして流石と言えるゲームミュージックに圧倒されいつかは基板を買おうと思っていたので非常に嬉しい買い物です。


ちなみに今回買ったのはNEWバージョンの中でも古いバージョンらしくロムシールがRT2です。コピーっぽい気がしますが当時のゲーセン事情を考えると純正かもしれません。ナムコロケ先行出荷分だとは聞きましたが真偽は不明。

RT2だと面セレクト不可(DIPによっては出来るがバグる)、タイマーが180秒設定なのが大きな特徴でしょうか。180あるので2面序盤のマシンガン稼ぎが余計に出来ます。


とりあえずNEWの一番の目玉であるデモシーンを纏めてご紹介。こちらのイラストはドラスピのTATSUYAさんがバイト時代に描かれた物だとか。コレを見るとNEWバージョンで良かったと思えます。


5面ラストで忍者マスカーを誘導してたら何故かゲームの裏側にワープ。こっちが先ですがスーパーマリオ3じゃあるまいしとか思いつつ右に歩くだけでクリア出来ました。クリアしたらマブーが笑って即6面ってのはどうかと思いましたがどんどん進みます。


とりあえず今日は6面まで。後半の麻袋でのハイジャンプ誘導が上手く行くともう少し先に進めるのですがまだまだ。